“RUN” それは魔法の言葉

私とコンピュータの思い出を、だらだらと綴ります。

憧れだったコンピュータ達:10.VAIO NOTE PCG-505(SONY)

今回の憧コンは、初代VAIOノート PCG-505。

f:id:CORO3:20210317205922g:plain

ソニーVAIOというブランド名でパソコンを販売しはじめた。
ノートパソコンも発表されたのだが、そのデザイン、携帯性などが他のPCメーカーとは違っていた。

まず目を引くのは筐体の色。
紫ベースの銀色の筐体で、マグネシウム合金の金属ボディが鈍く光る。
ノートパソコンは黒が基調だったので、これだけでもインパクトが大きかった。

ヒンジ部分が円筒形状になっていて、そこにバッテリーが仕込まれていた。

今調べると、当時の最軽量、最薄ではないのだが、見ただけで欲しくなるパソコンは、そんなに無い。
社会人に成りたての私には、残念ながらコスト的に見合わず、見送った。
ずいぶん後になってしまったが、VAIO TypeTを購入して、愛用してた。