“RUN” それは魔法の言葉

私とコンピュータの思い出を、だらだらと綴ります。最近はHSP3でのゲーム作り日記です

114.HSPでゲーム&ウォッチのマンホールを作り直そう その3

ミスターマンホールの移動から、作成開始。

といってもやることは、今まで作ったヘルメットなどのソースから、タッチパネル処理をコピペしてきて、if文はBASIC!のソースから座標のコピー、調整するぐらい。
あとは、Windowsでもプレイがしやすいように、移動をカーソルキーではなく、アルファベットキーのA、Z、F、Cのキーを使えるようにした。

何も目新しいところは無いけど、こんなプログラムになった。

*playermove
 ;ミス表示中は、入力を受け付けない
 if missflg=1 : goto *showplayer

 ;キーボード操作の判定
 getkey key,'A' : if key : ppos=0
 getkey key,'F' : if key : ppos=1
 getkey key,'Z' : if key : ppos=3
 getkey key,'C' : if key : ppos=2
 getkey key,27  : if key : end

 ;タッチパネル操作の判定
 mtlist touchid
 num=stat
 if num>0 & touched=0 { ;一本以上指がタッチしていて、かつタッチした直後なら
  id = touchid(0) ;一本目のタッチは0番目
  mtinfo touch,id
  if touch(0)=1 { ;タッチがオンならば
   ;タッチされた座標を変数に代入、タッチしたフラグを付ける
   tx=touch(1):ty=touch(2):touched=1

   ;ボタンを押したか座標で判定
   if tx>=13 & tx<=199 {
    if ty>=379 & ty<=502 {
     ppos=0
    } else : if ty>=503 & ty<=626 {
     ppos=3
    }
   }
   if tx>=808 & tx<=987 {
    if ty>=379 & ty<=502 {
     ppos=1
    } else : if ty>=503 & ty<=626 {
     ppos=2
    }
   }
  }
 } else : if num=0 : touched=0 ;タッチ情報が無くなったら、フラグを戻す