“RUN” それは魔法の言葉

私とコンピュータの思い出を、だらだらと綴ります。