“RUN” それは魔法の言葉

私とコンピュータの思い出を、だらだらと綴ります。

思い出のゲーム達:15.グラディウスII(コナミ)

今回の思い出のゲームは、アーケードの、「グラディウスII」。
www.youtube.com

初めてアーケードゲームで1周できたゲーム。
中3のころに登場して、受験勉強に支障をきたしたw

初代グラディウスも、美しいグラフィックと名曲ぞろいのBGMで十分楽しめるゲームだったのだが、そのはるか上を行く完成度だった。
パワーアップするシステムが強化され、4つの装備から選択できるようになった。どれも一長一短でバランスも良かった。
バリア系の装備も前方のみのシールドに加え、耐久力が落ちるが全方位守れるフォースフィールドを選べるようになった。
私は、D装備(2Wayミッソーw、リップル)+フォースフィールドの組み合わせで練習し、1周できた。

グラフィックも(初代と比べて)各段に向上。1面の人口太陽ステージを見たときから興奮が収まらなかった。
沙羅曼蛇3面のように豪快ではないが、人口太陽からは炎の竜がでてくる。ボスは巨大な火の鳥フェニックス。バタバタと羽ばたきながら、上下にワープするように動いて、7方向弾と破壊可能な炎を交互に出して攻撃してくる。これだけでも楽しかった。

2面はエイリアンステージ。ギーガー調のグラフィックに、映画「エイリアン」に出てくるようなキャラが攻撃してくる。

3面は水晶ステージ。氷の塊が飛んできて、大きな塊は撃つと分裂。それが画面いっぱいに襲ってきて、死ぬと復活が苦しかった。始めたころの鬼門ステージだった。ボスはクリスタルコア。死んでもここまでたどり着ければ、安地(安全地帯)があり、先に進められた。

4面は火山ステージ。軽快なBGMとは裏腹に難易度はガツンと上がる。ボスはデスmkII。極太レーザーを撃ってくるが、オプションめり込ませて瞬殺。

5面はモアイステージ。Iのモアイステージとは違って、途中で怒りモアイになる。イオンリングの連射は、フル装備でなくなると結構つらい。沙羅曼蛇の時に出てきたジャンピングモアイも出てきて、ボスまで巨大なモアイ。口からプチモアイをはいて、そのプチモアイがプチイオンリングをはくという、マトリョーシカ的なボスだった。

6面は一見さんお断りな、迷路になった高速スクロールステージ。BGMもテンポが速く、その名も「Maximum Speed」。ノリノリなBGMにあわせて進むのは脳汁がでる。その出口にいるのはビッグコアmkII。ガバッと上下にカバーが開くと、画面を覆いつくすレーザーを放つ…。でも、簡単な安全地帯もあり、復活は楽だった。

そして、目玉のボスラッシュ!グラディウス沙羅曼蛇に登場したボスが次々と現れる。イントルーダーは3匹に分かれるのにびっくりした。ボスラッシュのラストは、カバードコア。上下から大量のミサイルが飛んでくる中、カバーされている遮蔽版を攻撃する。

ラスト7面は、要塞ステージ。壁がせりあがってきたり、中ボスは正攻法だとなかなかの難易度、そしてかに道楽ことクラブ!画面半分を覆うキャラで、破壊不能。足の間を抜けながら進まねばならない。ここは足を抜けなくてもいい、ちゃんちゃん避けや、右下パターンなどいろいろ攻略があったなぁ。

ラスボス、ゴーファーはしゃべる!何を言ってるかはよくわからないけどww

今プレイしたら、一周できるかな?と思っていたら、近所に引っ越してきた中学時代からの友人Iが、PS4でアケアカ版グラIIを持っていた!
体が覚えているもので、3面で死んだ後の復活パターンとか、クリスタルコアの安地などもすんなり手が動くw
数プレイチャレンジしたものの、クラブのちゃんちゃん避けができずに、GAME OVERでギブアップ。
もう少し練習すれば、一周はできそう♪

38.インターネットの衝撃

f:id:CORO3:20200522001618j:plain
会社に入って、Macに出会ったことよりも、もっと衝撃的な出会いがあった。
そう、インターネットだ。

今でこそ、あるのが当たり前のインターネットだけど、当時はパソコン通信と呼ばれる、電話回線を使って特定の業者が運用しているBBS(掲示板)などに書き込む、文字情報のみ、しかもクローズドな環境しかなかった。
そこに登場したインターネット。全く違う世界がそこには広がっていた。
パソコン通信と同じように、モデムという機械に電話回線をつないで、プロバイダーと接続する。「Mosaic」というブラウザを起動して、URLと呼ばれるアドレスを入力すると、ホームページが表示される。
当時はyahooもgoogleもできる前。大学の研究所がリンク一覧を作っていて、そこからいろんなサイトをたどっていった。
この時の会社の上司には、先見の明があったので、インターネットを仕事に利用できないかと画策、会社経費でバンバン、ネットサーフィン出来た。

取引先にデモで見せていたのは、ホワイトハウスのページ。ホワイトハウスの中をリンクをクリックしながら紹介するような内容だったと思う。
HTMLも、タグで開始して閉じるという、ある意味プログラム言語的な考え方だったので、すんなりと入ってきた。
表現力という意味では、対応しているのは文字のサイズと画像ぐらいしかなく、公開されているページはお世辞にもカッコよくはなかった。

そしてしばらくすると、ブラウザ「NetScape」が現れて、拡張されたHTMLとも相まって、デザインされた綺麗でカッコイイページが出てくるようになった。
この後、今でもかろうじて現役なInternet Explorerが現れ、し烈なブラウザ戦争が始まったのだった。

37.Macintoshと出会う

高専を卒業し、某印刷会社に入社した90年代前半は、まだ一人一台パソコンが支給されるなんて、夢の世界。
そもそも、パソコンを触れない人ばかりだった。
そんな時代だけど、印刷業界では、DTP(DeskTop Publishing)に移行しようとしており、そこではMacintoshMac)が標準だった。

学生時代にも、別の研究室にMacがあったが、数式が綺麗に印刷できるソフト(Mathmatica)や、英文を印刷したときに教科書みたいに間が綺麗に詰まっているぐらいしか思ってなかった。
98全盛時代に卒業論文や、文章を作るのは一太郎が最強だったし、回路図やフローチャートを書くには花子を使っていたから、全角等幅印刷が当たり前と思っていた。
閑話休題

配属先の上司が新しもの好きで、営業もパソコンを使えないとだめだということで、新入社員の私が、営業の社員を相手にMacを使う研修を行うことになった。
この時使ったのが、レンタルしてきたLC630だった。

f:id:CORO3:20200316003648j:plain
祝 Macintosh 30周年!! 低価格のカラー表示を目指したLCシリーズ|Mac - 週刊アスキー

今では普通に使うマウス操作でのGUI、マルチウィンドウが新鮮ではあったが、研修でからかわれたり、文句を言われたりしたことの方が強く記憶に残ってしまい、今でもあまり好きじゃないw

思い出のゲーム達:14.沙羅曼蛇(コナミ)

今回の思い出のゲームは、MSXの、「沙羅曼蛇」。
www.youtube.com

MSX沙羅曼蛇は、ベースはアーケード版だけど、オリジナル要素が強く、癖が強い仕上がりだったw
そして、なんとスロット2にグラディウス2を挿してないと、真のエンディングが見れないという極悪商法。
といいつつ、沙羅曼蛇を買ったユーザは、ほぼグラディウス2も持ってたんじゃないかな。

グラディウスでは、ほぼボスがビックコアだけだったが、沙羅曼蛇では、脳に腕がくっついたゴーレムや、腕がぐるぐると回って迫るテトランなど、ステージごとに異なるボスが登場して派手になっていた。
アーケード版では、3ステージ目のプロミネンスステージと、そのステージのボス、炎の竜イントルーダが印象的なのだが、さすがに再現できなかったのか、出てこなかったのが残念。

アーケード版は、装備ごとのアイテムを取れば、即パワーアップだったが、MSX版はグラディウスシリーズと同じくパワーカプセルによるパワーアップ方式だった。
なんといってもハードの限界を超えるオプション4つ装備に、画面を覆いつくすほどのスクリューレーザーに、うっとりしたw。

でも、このゲーム、ノーミスでいかないと復活が尋常じゃなく厳しい…
全く復活できないわけじゃないので、友人Kと交代で、ずっと同じステージの復活をやってたなぁ。

ちなみに真のボスは、グラディウス2のボスだったヴェノムであるw